FC2ブログ

せたなクイズオープンのブログ

せたなクイズオープン2○2○の行き方(首都圏編)

皆様ご無沙汰しておりました、せたなクイズオープンの主宰です。
次回のせたなクイズオープンは「せたなクイズオープン2○2○」と題しまして、2020年9月20日(日)に開催予定ととなっております。
来年度は4連休の2日目と普段より遠くの方の参加が見込まれます。(天9様や各地早押し王・新人王のバッティングは気になりますが。)
そこで、今回は安価にせたなクイズオープンへ参加する方法を考察していきたいと思います。
先ず、首都圏からせたなへ行く方法としては。
①東京駅から新幹線経由で新函館北斗駅へ、その後快速瀬棚号(函館バス)orJR+路線バスにてせたなへ。
②羽田空港から函館空港へ、その後快速瀬棚号orJR+路線バスにてせたなへ。
③羽田or成田空港から新千歳空港へ、その後JR+路線バスにてせたなへ。
の3つが想定されます。
このうち3については首都圏→新千歳の航路はLCC等の影響でかなり安い航空券が獲得できますが、新千歳→長万部→せたな間で往復約25,000円かかるため、おすすめはいたしません。
なので①か②の方法が考えられるのですが、函館からJR長万部経由でせたなまで来ると、往復で約1万円かかります。しかも接続の影響で函館発8:55の北斗に乗らないと間に合わないため、前泊が必至となります。
そこで、函館バスの快速瀬棚号ですが、これが日1本しかなく函館駅発15:00、新函館北斗駅発15:54、北檜山着18:54となります。ただし、料金は往復5,200円と格安です。(ちなみに交通系ICカードの使用も可能です)
以上から私のおすすめ遠征方法は、
・東京駅⇒新函館北斗駅⇒快速瀬棚号⇒せたな前泊⇒SQO⇒懇親会⇒せたな後泊⇒快速瀬棚号⇒新函館北斗⇒東京
というルートです。新幹線を空路にしてもいいと思います。期間限定のえきねっとトクだ値や早割を使えば宿・食事込みで60000円弱で全行程可能と思われます。もう少し、資金に余裕がある方は前泊を函館にして当日JR+バスでせたなへ行くのもいいと思います。
いずれに致しましてもこの記事がせたなクイズオープンの第0次予選攻略のカギとなれば幸いです。

追記:首都圏→函館を高速バス+フェリーor青春18+フェリーで考えたのですが、9月下旬に「えきねっとお先にトクだ値スペシャル」(運賃50%引き)が実施された場合、そんなに金額的に差がありません。ですので、JR東日本様につきましては、来年9月にえきねっとお先にトクだ値スペシャルの実施を心から熱望する次第であります。
スポンサーサイト